きれいな字の書き方、コツ、練習法

きれいな字の書き方!

きれいな字の書き方についての情報をお届け。

パソコン、携帯メールなどの普及で字を書く場面が少なくなりました。

しかし、お礼状などの手紙、冠婚葬祭での記帳、祝儀袋、履歴書、

ビジネス文書など、字を書く場面、字を人に見られる場面は必ずあります。

そんな時に字が下手だと、ちょっと恥ずかしいなぁって感じますよね。

習字の先生並みに上達とは言わないまでも、人前で字を書いても

恥ずかしくないレベルにはなれたらなぁと思う方も多いのではないでしょうか。

 

そこで、きれいな字の書き方書くこつ

字の上達の為の練習法通信講座などについて調べてみました。

きれいな字を書きたい!上達法を知りたい!良い通信講座を探している!

と言う方の参考になればです!

きれいな字を書く為の上達法!(子供編)

きれいな字を書く為の上達法の子供編です。

大人と子供とで上達法事情は変わります。

子供の場合はまだ変な癖が無いので比較的簡単に矯正できると思います。

正しい姿勢、正しいペンの持ち方、正しい書き順、正しいハネ・はらいを意識させる事で自然と字をきれいに書く事ができるようになるかと思います。

指先に力を入れすぎず、字のバランスに気をつける事を意識させ、

反復して練習する事で字をきれいに書く事ができるようになるはずです。

書道教室に通わせるのも字を綺麗に書く為の上達法としては良いでしょう。

きれいな字を書く為の上達法(大人編)

きれいな字を書く為の上達法の大人編です。

大人の場合は子供と違いちょっと厄介です。

ペンの持ち方、字の癖、書き順など

何十年と培ったものがあります。

それを矯正するのは大変な事ですよね。

しかし、字をきれいに書く為の練習法は実はシンプル!

子供の上達法と同じで、正しい姿勢、正しいペン持ち方、正しい書き順で、

反復して字を書く練習をすると良いでしょう。

大人の方が子供より矯正には時間がかかると思いますが、

初心に帰ってしっかり練習する事で字がきれいになるでしょう。

時間のある方は、書道教室にかよったり、ボールペン字、書道の通信講座を受講するのも良いと思います。

字が上手に書けない人の癖

きれいな字を書けない人には特有の癖、傾向があるようです。

●前かがみになりすぎたりなど、字を書く姿勢が悪い

●文字を書く時間が早い、さっと書いてしまう

●書き順がめちゃくちゃ

●ペンを持つ指先に力が入りすぎている

●ペンの持ち方が悪い

などが挙げられるそうです。

 

分かってはいるけれど矯正できないんですよねぇ。

一見書き順は字の上手、下手に関係ないのでは?と思えますが、

バランスの良い字を書く為に、正しい書き順は重要なのだそうです。

上記の癖、傾向が当てはまる方は、字を綺麗に書く為の練習が必要かもです。